絵本いろいろ

最近はとんと絵本を開かなくなりました。5年位前までは寝しなに絵本を開いて息子と楽しみましたが、中2の今となってはせいぜい私の読んだ本からお薦め本を教えてあげる位になりました。ちょっと寂しかったりして…我が家は3人の子どもたちとかれこれ15年くらい絵本を楽しんできました。

↑福音館書店 月刊予約絵本159号1990年6月発行

特に長新太さんの「たこのバス」(こどものとも年少版)がお気に入りで、角が丸くなり、ページが取れそこをセロテープで補修してヨレヨレになっても大好きで楽しんでいました。

↑著者: 松谷みよ子 /瀬川康男  出版社: 童心社

松谷みよ子さんの「いい おかお」も一緒にビスケットを絵本からいただいて『ああ おいしい おいしい はど~こ』と寝しなに何枚も食べてしまいました。
子どもの好きな絵本はテンポがよく、読み手である大人も声を出して読むことが楽しくなってしまいます。

↑福音館書店 水沢謙一 再話/梶山俊夫 画

「さんまいのおふだ」もそんな絵本の一冊でした。今でも『ぴ~ぴ~のさかり~』の台詞がトイレに入ると出てきてしまうとんだ私です。
荒唐無稽なお話や下の話(生活に密着しているから?)はやっぱり楽しいです。おならの話も色々ありますね。

コメント

  1. vervet-rabbit より:

    「タコのバス」ってこんな絵なんですね。
    楽しそう!
    ところで今頃こんなことを書いて申し訳ないのですが…
    「ハナノア」こちらのブログを見て買ってみました。
    良いですね、これ。これなら冬の風邪対策もバッチリです。どうしても風邪をひけない時、いつも泣きながら水でやっていたので嬉しい情報でした。ありがとうございました。

  2. さや風 より:

    vervet-rabbitさん
    >「タコのバス」ってこんな絵なんですね。
    >楽しそう!
    楽しいですよ!
    「うみのそばを とおるバス
      タコが スタスタ 乗ってくる。
        うんてんしゅは おどろいて
          ドタドタ にげていきました。
            タコの バスは あしで
              スタスタ あるきます。
     あるく バスなんて せかいじゅう
       どこにいっても ありません。
         おっと あぶない ブーラブラ。
           みんなで ちょっと ひとやすみ。
             また スタスタ スタスタ まいります。
      ムカデだ ムカデだ! おおきいぞ!
        タコと ムカデの けんかだ けんかだ!
          タコが ビューッと すみを はく。
            ムカデは こんなに なりました。
      ああ おもしろかったと タコたちは
        うみの うちへ かえります。」

    といった 文章です。絵は想像してください。

  3. ペアダ19 より:

    こんばんは。幼稚園の頃読んだ絵本でも
    ストーリーとか絵を鮮明に記憶してたりします。
    子供の頃、沢山読んでおくことは
    重要な財産ですよ。一度、図書館で
    再会しに行こうかと思ってます。

  4. siro16 より:

    絵本 すき です。
     こどもたちも (*^_^*)
     同じ本 何回も何回も 「まま 読んで~」と
     よく いわれます
    絵本なかの 可愛い言葉 おぼえてたり
     楽しいですよね~♪

  5. さや風 より:

    ペアダ19さん

    今 思うともっともっと読んであげればよかったと思います。
    次は孫?の時にばばバカ全開で絵本を読みまっくて、絵本のば~ば と呼ばれることを目指しましょう。

  6. さや風 より:

    siro16さん

    お気に入りを5~6冊かかえて持ってきて、しかも結構長いので、その日に限ってすっごく疲れていたりすると「え~ こんなに。今日は1冊にして…」と。
    今思うと懐かしいばかりです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)