氷だし茶

昨年より日本茶の勉強を少しばかり始めました。
で、少しばかり日本茶にうるさくなったさや風であります。

今日はあんまり暑いので、氷だし茶を試してみました。

深むし茎茶、普通煎茶、被せ茶の三種類をそれぞれ茶こしに茶さじ5杯入れて、氷を乗せます。氷が溶けて少しづつ茶葉に染み込みアミノ酸が滲み出てきます。何時間もかかって少しづつ旨味成分 が急須の中に落ちます。

溜まった冷茶をグラスに移して利き茶をしてみました。
甘味、渋味、旨味、香り、色と鑑定?してみました。

三種類でのランキングをしてみました。
評価が高い方からA~C。

深むし茎茶:甘味B、渋味B、旨味B、香り(無し)、色(赤みのある濃い緑)

普通煎茶:甘味C、渋味A、旨味C、香り(芳ばしい)、色(黄緑)

被せ茶:甘味A、渋味C、旨味A、香り(海苔)、色(黄緑)

私的には被せ茶が1番スッキリと旨味成分も出て、美味しくいただけました。ただ、疑問なのは氷でだしても普通煎茶では渋味がでた事…。
今度、また勉強会があった時に先生に聞いてみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)