この実なんの実?イヌビワ

7/16時点で「この実なんの実?」と謎であった木の実の謎が解けました!
7/16とは別の場所の掛川市立第一小学校の裏山にあたる「子角山」の遊歩道の脇に生えていました。

これは 気になる木の実 の実じゃありませんか!

根元に木札がかかっていて
「イヌビワ」
とありました。

説明書きに 「花嚢」とあったのでイチジクと同じタイプ?と思い親指大の黒く熟した実を一つもいで匂いをかいでみました。僅かな甘い香り、割れた実の先から滲んでいる汁をペロリ…甘い!
一つ位なら食べても大丈夫と口にしました。プチプチと種が感じられ、ほぼイチジクの様な感じでした。

ビワに似ているがビワほど美味しくないから「イヌビワ」と言われているとか。私的にはビワと言うよりイチジクでしょ、とツッコミを入れたいですね。まぁ、イチジクの仲間だからせめてヒメイチジクとか、マメイチジクくらいの命名をしてあげたい。

濃いムラサキ色でブルーベリーみたいで、これから秋にかけて小鳥たちの大切な食糧になると思われるイヌビワ。
もっと山奥なら熊の親子の食糧にもなるんでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)