発掘調査現場

よく通る図書館への道…

「な!なぁにぃ!発掘調査!」
歴史・考古学好きにとってたまらない単語「はっくつ」。
場所は旧掛川城跡の子角山(ねずみやま)の南東の掛川消防署の裏。以前、住宅が立っていて整地をして別のじでも立つかなと思っていたら発掘調査となっていたのです。

掛川市役に問い合わせると社会文化課の方が丁寧に説明してくれました。

江戸時代の絵図に今回発掘調査の場所に建物があったようでその為に掘り返しているとのことでした。実際、柱の跡(遺構)が見つかったようです。

現在発掘しているのは写真の右側、ブルーシートが被せてある部分で、そこが終わったら左の土が盛られた所も掘るとの事でした。
発掘調査が終わるとまた埋め戻して建物が立つ予定だとか。江戸時代の遺構で、しかもとんでもない代物でないようなので埋め戻して現代人が生活する事になるんですね。
たぶん殆どの遺跡がそういった感じで眠っているんでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)