能、狂言面に魅入る

掛川市立図書館で掛川面友会の能、狂言面の作品展(4/2~7)が行われています。

若い男性の面

大黒さん

癋見悪尉(べしみあくじょう)

どの作品も趣味の域を超えています。
檜の角材を使って重要文化財の能面などをお手本に皆さん彫っておられるとか。以前は柔らかいアラスカ松を使っていたのですが、輸入禁止となって国内材の檜がメインとなっているそうです。中には桐で彫り上げる方もいるそうです。
皆さん リタイアをされてから初めて取り組まれて、ここまで見事な作品を仕上げるとは!感服です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)