天気がいいと久里との散歩はより一層楽しくなります。昨日今日と風が強いのですがいい天気です。堤防道は遮るものが無くモロに風を受けます。強い風の為、雲の流れが速く空の汚れもすっ飛んでいってしまい、いい青空です。

同じ場所や風景もカメラのファインダー越しに見ると別な世界が広がります。
これはまったく面白いもので新しい発見ができます。まるで映画のどこやらの国にいるかのような、空想の羽根のはえたトンボのような私が感じられるのです。
若い頃まではよく空を飛ぶ夢を見ました。特に子どもの頃は海の上や山の上を自由自在に飛びまわり急降下を楽しんだりしていました。

段々、歳をとってくると飛ぶのにもパワーが必要になりました。気持ちを込めないと飛べなかったり、ピョンピョン跳ねるばかりで全く飛べない時もありました。飛べた時は落ちないように風を読み滑空します。たいがい空は青空で何処までも広がっています。
寝るときに「今夜も空飛ぶ夢を見るゾ~!」と念じて眠りに落ちます。最近は念じていないので見ないのか、念じるより先に眠りに落ちるのか。全く見ていません。
しかし、夢に出てくる空も実際の空も空を見るのは大好きです。
名古屋には名古屋の空が、長野には長野の空が…
空はつながっていても見る人の気持ちで色んな空が見えるのです。
空に向かって大きな声で「大好き!」と叫んでみたくなりました。

コメント

  1. siro16 より:

    空 いいねヽ(^o^)丿 とっても 綺麗!!

    広くて 高くて どこまでも つづいてて。。。

     綺麗な空みると なんか 嬉しくなります(*^_^*)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)