たんけん!僕の街 お堂

今日も風の強い掛川市内です。
南北に走る大通り(二車線)から石灯篭が見えました。神社?お寺?興味深々に近づいてみますと、縦列駐車の駐車場の向こうに小さなお堂がありました。

日蓮宗 清正(せいしょう)堂

とあります。周りを見渡してもこのお堂に付いての立て札が見当たりません。お堂は結構古そうで正面左にはお地蔵さまが座っていました。
帰宅してネットで調べてみると、戦国武将の加藤清正公が神格化された日蓮宗のお堂だそうです。だから 清正堂なんですね。

掛川市 歴史が町中を包んでいるみたいで毎日がワクワクします。古墳時代から戦国時代、江戸・明治時代と小さな街はまるでタイムカプセルや~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)