たんけん!僕の街 古墳発見

掛川市役所は小高い丘の上にあります。駐車場の脇には歩行者用の小径があり、「哲学の道」「思惟の森」とある門柱を見つけました。
階段を上がって行くとなだらかなこんもりしたお山につながり、枯葉が厚く積もりフカフカなクッションの様になっていました。

庁舎の裏手になっていて、まだまだ先に進みますと倒木が何カ所かありました。倒木をくぐったり、跨いだりしてチョとした山歩き気分を満喫してきました。

ぐるりと回ってきて先ほどの門柱の近くに「おぉ!宇洞ヶ谷古墳!」なんと!
私が踏みしめてきた枯葉の下は古墳だつたのかもう一度登ってみてこんもりしたお山の上には三角点がありやっぱりここが古墳なんだろうなぁと一人感慨に浸っていました。
掛川市にはいたる所にこんもりお山があります。子どもの頃、おばあちゃん家に行った時に「古墳だ!古墳だ!」と騒ぎ親に呆れられたことを思い出しました。
しかし、それは子どもの直感!やっぱりこんもりお山は古墳だったようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)