ガスエビ

またまた 仕事帰りにいつもの鮮魚部に寄って被写体探しをしていました。
本日はマダラやイワシ、タチウオが並んでいました。
しかし、私の目に留まったのは「ガスエビ」
お腹にたくさん卵を抱えていて唐揚げにすると美味とか!
しかし、
「何でガスエビって言うの?」
との質問には
「わかんない!」
とのこと。

↑めちゃ安いのですが!

自宅に帰り早速「ガスエビの唐揚げ」に挑戦!(小麦粉にまぶして揚げるだけですが…)

カリカリ サクサク でもって 「あっま~い!」
びっくり仰天です!
生の時に青っぽかった卵は揚げるとピンク色になりプチプチして美味しい!
このガスエビ クルマエビ科のエビの一種で産地によって呼び名が違うみたいです。
石川宝立が「ガスエビ」、石川穴水「シバエビ」、石川七尾「マエビ」、福井「カワツ」とかって呼ばれるそうです。一般的には「ヨシエビ」というそうです。
ま、呼び名は何でもいいのです。美味しければ!

今夜は日本酒にガスエビの唐揚げで決まりですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)