くりりんテクテク日記

家庭菜園と愛犬との散歩と美味いもんの日常を記録

*

褒めて欲しいの本当は…

 

子どもの登校拒否が縁で心の問題を知るようになりました。
そして自分自身のことも考えるようになりました。自分と親との関係をじっくり考えるようになりました。
昔から理屈っぽい子と母親に言われていました。親から見れば屁理屈にしか聞こえなかったかもしれませんが、子供心に耳を傾けて欲しいと思っていました。
バカな事を言うと「人様の前でそんなバカな事を言ってはいけない」とも言われました。
勉強しないでいると「勉強しなさい」とも言われました。好きな科目ばかりしていると嫌いな科目をやれと言われます。母親ならこんな事いうのは至極当たり前でしょうが、テストでいい点とれば「みんな100点だったんじゃないの?」とわが娘を過小評価しすぎではないかと子どもながら思うのでした。
母曰く、「逆上せ上るとためにならない」らしいのです。
私としてはもっと褒めて欲しかったと思うのです。その場でタイムリーに褒めて欲しかったのです。一緒になって喜んでほしかったのです。
母に褒められたこともあります。中学を卒業して20年近くたってから
「中学の卒業文集に書いてあった鶴の風呂敷の話はいい話だった」
と言われたときはやっぱりとても嬉しかったです。結婚式の引き出物が包んである鶴の風呂敷包みに包まれたアルバムと家族写真の話を書いたのでした。
もっと早く聞きたかったなぁ思いましたが、言ってくれたことで認めてくれたと思い心が少し晴れました。
子どもは親に褒めてもらう事で伸びるし、そのことで逆上せ上ることは無いんじゃないかなと思うのですが。
無用な謙虚さは子どもの自信を削ぐのではないかと思います。
嬉しいことは隠さず嬉しいと言い、悲しいこともちゃんと伝えることは親との信頼関係からくるものですが、未だに私は母親には悲しいことや苦しいことは話せないでいます。
嬉しいこと楽しいことは伝えられますが…
娘や息子との信頼関係を築くことが一番ですが、それには先ず、自分と母親との関係修復が大切かと思うこの頃です。

 - 未分類

Comment

  1. KAZU8745 より:

    うれしい事楽しい事が伝えられればいいのではないでしょうか。
    あなたのお母様も、あなたのために一生懸命になりすぎ、少し方向が違ったのでしょう。

    たまには子供さんを、じっと抱きしめてあげてください。
    子供は、誰でも、無限の可能性を秘めています。
    ほめる事、励ます事、気付かれて良かったですね。
    慌てずあせらず、心を広く持ってください。

  2. さや風 より:

    KAZU8745さん

    >うれしい事楽しい事が伝えられればいいのではないでしょうか。
    >あなたのお母様も、あなたのために一生懸命になりすぎ、少し方向が違ったのでしょう。

    >たまには子供さんを、じっと抱きしめてあげてください。
    >子供は、誰でも、無限の可能性を秘めています。
    >ほめる事、励ます事、気付かれて良かったですね。
    >慌てずあせらず、心を広く持ってください。

    きっと母親も寂しい思いを母親に(私の祖母に)抱いていたのではないかと思うのです。
    できるだけ心を広く優しい気持ちでいることを心がけています。
    子どもたちが健やかに明るく育ってくれることを願うだけです。

  3. ひろ:りん より:

    同じです。

    親を安心させるためにうれしい事楽しい事は 過剰表現で伝えます。
    苦しい事 辛い事は話すことはできません。

    関係修復と行っても イデオロギーを自分の気持ちだと勘違いしている世代には 私たちの思いは伝わらないかもしれませんね。

    介護放棄 たくさん出ているようです。

    親の世代は 行いの報いを受けているのかもしれません。

  4. さや風 より:

    ひろ:りんさん

    >同じです。

    >親を安心させるためにうれしい事楽しい事は 過剰表現で伝えます。
    >苦しい事 辛い事は話すことはできません。

    同じなんですね、やっぱり。戦前生まれの多くの人がそうなんでしょうか?親たちもきっと同じような育てられ方をしていきたんでしょうね。

    >関係修復と行っても イデオロギーを自分の気持ちだと勘違いしている世代には 私たちの思いは伝わらないかもしれませんね。

    >介護放棄 たくさん出ているようです。

    >親の世代は 行いの報いを受けているのかもしれません。

    報いといったらちょっと親世代には可哀想な気もしますが。戦前、戦中、高度成長期で社会の価値観がガラッと変わってしまったから無理からぬことなんでしょうかね?

  5. ** 愛 ** より:

    さや風さんいつもコメントありがとうございます。
    今日も娘は保健室に行きました。学校へ入るととたん元気がなくなります。そんな娘の姿を見ると私はどうしたらよいのか分からなくなります。

    私が「学校へ行かなくてもいいよ」と言えばきっと元気になると思います。でもそれでよいのかなぁ。

    どうしたら・・よいのか。
    さや風さんは不登校の時、どういう風に対処されましたか??おしえてください、よろしくお願いします。

  6. さや風 より:

    ** 愛 **さん

    >さや風さんいつもコメントありがとうございます。
    >今日も娘は保健室に行きました。学校へ入るととたん元気がなくなります。そんな娘の姿を見ると私はどうしたらよいのか分からなくなります。

    >私が「学校へ行かなくてもいいよ」と言えばきっと元気になると思います。でもそれでよいのかなぁ。

    >どうしたら・・よいのか。
    >さや風さんは不登校の時、どういう風に対処されましたか??おしえてください、よろしくお願いします。

    ご返事になったなったかどうか不明ですが、愛さんのブログに書き込ませていただきました。

  7. ** 愛 ** より:

    いつも、ありがとうございます♪
    コメントありがとうございました。
    今日も娘は保健室に行きました。
    全然・教室には行く気がないようです。
    昨日のコメントの中に昔不登校だった人の体験談がありました。そこには親、先生から不登校の事を責められると自分の居場所がなかったと言うものでした。自分の娘に置き換えると、まさに保健室が居心地の良い場所なのかもしれません。
    親は学校へ行かないと心配するし・・
    「学校・学校とうるさい」
    先生は先生で職業柄、教室に行きましょうと言いますよね。
    娘の本心はきっと行きたくないのではないのかなぁ
    それを、旦那に言うと「それでも学校に行っているのだから、いいじゃないかというのです。」

    休んでいた頃は「娘が元気であれば学校なんか行かなくてもいいさ」と言っていたのにね。

    今のままではどうなのかなぁ??と思います。
    保健室からトイレ意外は出ないようです。
    給食もそこで・掃除にも行かない。
    ずっと、保健室にいるようです。
    昼休みは、そこにお友達が来てくれるみたいです。
    保健室にいると色んな子が来るのが楽しいみたいですが・・
    心配するとキリがないです。
    とりあえず・・もう少し様子を見ようと思います。
    先生も昨日の夜に電話をくれて
    「時間はかかるとおもいますが気長に行きましょう」と言ってくれました。
    「娘さんが自分の殻を破ろうとしているから・・
    それを待ってあげてください。」と言われました。

    今この言葉が目に止まりました。
    kazu8745さんの言葉
    ほめる、励まして、慌てずあせらず、心を広く持ち
    がんばってみようと思います。

    近状報告でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

070206-01
千の風にのって

昼下がり徹子の部屋をなにげにつけて見ていましたら、チョッとカッコいいロングヘアの …

070701-04
まったり 昼下がり

今日は私にとって超早起きをしたため、何やらゆとりある日曜日になりました。 先日  …

no image
キュプルン続行中!

キュプルン試飲もまる九日となりました。 癖があるようでしかも、癖になりそうな味の …

no image
5000突破!!

アクセス数が5000を突破しました。 ぼやっとしていたら ビックリです。 皆さま …

no image
一生 成長痛

昨日 友人のKさんのお誘いであの「オール1の落ちこぼれ、教師になる」の作者である …

no image
また 膀胱炎?

どうやら久里…また膀胱炎のようです。 寝たままおもらししてしまいます。 昨夜は台 …

no image
ラジオ体操

3日間の生協バイトは一まずお休みです。また明日からバイトですので今日は一日のんび …

101220-02
ワオンカード作る!使う!トホホ…

ワオンカードってご存知ですよね。 私はしってはいましたが作った事、使った事はあり …

130414-01
八重の桜

そろそろ桜は終わりかなと思っていたら、まだまだ綺麗じゃないですか! 八重の桜です …

130628-01
街の電気屋さん

昨日は洗濯機を買いに相方と走りました、雨の中車で。 購入先は昔馴染みの電気屋さん …