ぐるっと浜名湖ツーリズム

今週の日曜日 相方は待ちに待った浜名湖一周サイクルイベントに参加してきました。
一緒に行く予定の友人は仕事が入ってしまい身動きが取れなくなり、せっかくの参加資格を不意にするのももったいなく感じ、急遽 現在フリーの次女を誘っての参加となりました。
次女は三年間片道40分かけて自転車通学していたという実績があるので
「暇だし、行ってもいいよ!」
との快諾で父娘のサイクリングが実現したのでした。
当日は5時半に自宅を出立して行きました。まずまずのお天気で浜名湖を一周するうちはポカポカ陽気で暑いくらいで走っていたようです。
11時くらいに散歩途中の私に相方から携帯電話が入りました。
「今さあ お昼ごはんだよ」
今回は新車のロードバイクの本格的デビューの日で軽快な走りは膝にも負担は無くいいペースで来ているとの事です。連れて行った次女のCちゃんはそんな相方の後方にピッタリ付いてきているとの事です。さすが自転通少女は並じゃないです。
昨年同様 各チェックポイントでは「お接待」が待ち構えていて味噌饅頭や栄養ドリンク、うずらの卵等をいただきながら楽しく走ってきたそうです。Cちゃんは
「こんなに行った先で食べてたんじゃ、せっかく消費したカロリー以上にならない?」
案外 消費カロリーより摂取カロリーの方が多かったりして…。
一番の関門 奥浜名湖方面の山越えは
「降りちゃった」
と、今回も途中で自転車降りて引いて頂上まで行ったそうです。
「Cちゃんは?」
「彼女も僕が降りたら合わせて降りたよ。行けたんじゃないかな?」
初長距離サイクリングのCちゃんは相方にみんな付き合ってくれて登れたであろう山越えも
「お父さんが降りたから付き合った」
と余裕のよっちゃんです。
二時半にはゴールして昨年 膝痛で食べることができなかった「お善哉」にありついてご満悦の相方なのでした。次女Cちゃんも
「あっちこっちで食べてばっかりで私はお善哉パス」
なんて言っていたようですが、結局 相方にお付き合いして平らげたとか…
自宅に帰ってきた2人は赤く日焼けして、相方は肘から下が、Cちゃんは鼻の頭が真っ赤になっていました。鼻の頭は汗をかいてUVファンデーションが取れてしまったみたいです。
いい汗をかいていい空気を吸って最高の春休みの父娘のイベントだったようです。
この調子だと4月からの大学も自転車通学してみては?Cちゃん。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)