左儀長

久里を伴わない久しぶりの散歩です。
高校時代の友人と久しぶりに落ち合って自宅近辺を歩き回りました。
大通りを歩いていると何やら賑やかなファンファーレの音がしてきました。近くの白山神社からのようです。賑やか好きの友人と私は道を渡って参道に向かいました。「わっしょい!わっしょい!」とこの季節にお神輿?しかし、お神輿の上にはお社の様なものは乗っておらず、何やら色とりどりの飾りの付いた棒が刺さっていました。

しかも、担いでいるのは大人の男の人ばかりです。
三つの神輿があって担ぐ人は赤、青、緑の法被に分かれて其々担いでいます。
つられる様にして白山神社境内に入りました。
境内には三つの神輿が置かれていました。
聞いてみると厄払いのお神輿で前厄、本厄、後厄とあり、法被の色は緑が前厄、赤が本厄、青が後厄となっていて其々の法被ごとに本殿にお参りをしていました。
お神輿の上に飾ってあるカラフルな飾りは見物の人に振舞われました。もちろん私もいただいてきました。後厄と前厄の娘の為に。

因みにファンファーレは隣の市の高校のブラスバンド部でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)