よれよれ サイクリング in 渥美 骨折の巻

手術当日の朝です。9時から手術前の入浴でさすがに看護学生に洗ってもらうのは恥ずかしいので女房殿の出番です。
しかし、何だかんだと出足が遅れてしまって10分遅刻してしまいました。駆け込むように病棟に入って待ち構えていた相方とお風呂場に直行しました。
骨折した右手をビニル袋で包んで全身丸洗いのような感じでゴシゴシ洗いました。
服着て丸洗いなんて久里以外でやったの初めてです。病院の着物状の水色の寝巻きに着替えて手術を待ちます。
「さや風さんのご主人さん お髭そってくださいね。
 お髭があるとテープなんかが剥がれやすいのでお願いしますね」
と髭剃りをしなくてはいけなくなりました。
手術まで時間があるので自宅まで取りに帰ることにしました。自宅に帰り着くとポケットに手を突っ込んでもカギがありません。
「え~!そっか!さっき着てったジャンパーのポケットに入っていたんだ!」
熱くなってきたので病院にジャンパーを脱いで置いてきてしまったのです。
ホント!おバカさんです。
病院にカギを取りに行く時間がもったいないのでドラッグストアで「切れてな~い!」のT字カミソリとシェービングクリームを購入して初めての髭剃りを体験しました。
どの位 シェービングクリームを付けていいかわからずまるでサンタクロースの髭のようになってしまいました。伸ばせば伸ばすほどクリームの分量は頬から顎にかけて盛り上がりカミソリがあてられない位になってしまい大笑いしてしまいました。
手術なので朝から絶食です。隣のベッドのかたのお昼の良い匂いを感じながら相方の腹の虫は「ク~ゥ…」と鳴いていました。
1時になり点滴を転がしならが相方は手術室に歩いて移動していきました。
手術は約1時間半掛かり今晩はナースステーション近くの個室で経過を見るそうです。
手術の間 自宅に帰り用事を済ませまた病院に向かいました。
ほぼ 時間どおりに手術は終わり相方はまだ麻酔の残っている様子なのですが、おしゃべりをする元気はありました。手術した右手は紐で吊られて、左手は点滴が入っていてほぼ身動きが取れないような状態なっていました。
のどが渇いているのですが、まだ麻酔が効いているので飲むことはできません。
唇を湿らすことしかできません。そんなところに「ぐる輪渥美半島」で一緒だったZさんがお見舞いに来てくださいました。楽しいサイクリング怪我談義をして相方の気分を紛らわせてくださいました。ありがとうございます。

↑綺麗な夕焼けです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)