お菓子

友人はそこそこいると思っています。20年来の友人も何人かいます。特に気の合う友人は時々会ったり、最近ではメールでやり取りをしています。
そこで今日は食の友人の話をします。友人Wちゃんは手作り名人です。
もちろんパンも焼きます。しかも、酵母から起こして自家製天然酵母パンを焼いて時々いただいています。これがまた!美味しいのなんのって。
天然酵母なのでモッチリとして大きさの割には重いパンです。
クリスマスにはレーズンやクルミが入ったドイツ風のお菓子「シュトレーン」を作ってくれます。回りに粉砂糖がまぶしてあって、薄く切って紅茶といただくとほんわか身も心も温かくなります。
先日、お邪魔したときはお土産でいただいたというトルコのお菓子を出してもらいました。何とも変わったお菓子で「何これ?」とつい言ってしまうモノなのです。

小皿に盛り付けももらってぐるりとその物体(この時点ではそんな感じ)観察しました。何にも言わずに茶箪笥の奥に入れておいたら
「何これ!白カビが一面にはえてるじゃん!」
と叫んでしまいそうな形状です。
マジマジと眺めたあとパクッと一口。甘い。口の中で溶ける。
綿菓子ではありませんか。美味しいというか、甘い。濃いコーヒーによく合いそうなお菓子です。原料はほぼ砂糖のみといった感じ(砂糖・小麦粉・バターらしい)で口の中に溶けて固まった砂糖のカリカリしたものが残りました。
パッケージ裏はアラビア文字?みたいな文字が横たわっていて解読不能。表もよく解らなくて帰宅後調べたら「ピシュマニエ」という砂糖菓子でした。
バニラとココアの2種類とも食べましたが味の差はわかりませんでした。
どちらも甘かったです。
こんな異国情緒豊かなお菓子を体験させてくれるWちゃんありがとう。
因みにこの日は私からは無農薬の夏みかんを酵母種用にお持ちしました。

コメント

  1. siro16 より:

    良い お友達(~o~)ですね~

    まだまだ 知らないものって 多いですよね(^^ゞ

    おいしいもの 食べると
     ちょっと しあわせ気分に なりますね(*^_^*)

  2. さや風 より:

    siro16さん

    そうです。手放したくない友達です。
    相方は最近近くにできた100均でチョコ、あめ玉を買ってきます。私とはちょっと方向性が違うなぁ…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)