暖冬!

ちょっぴり冬型の気圧配置でちょっぴり寒い一日です。
でも、天気はいいのでダウンジャケットを着ての散歩は歩くほどに暑くなって行くのでした。今日はいつもと違う川の堤防道を久里と歩きました。この川はこの辺りの桜の名所で4kmくらいにわたって川の両岸に並木が連なっています。

矢田川の支流で遡って行くと愛知万博会場だった「モリコロパーク」へ続いています。一昨年は自転車でよくこの道を通いましたよ。なつかしいぁ…
暖冬でか「クサボケ」の花が咲いていました。「雪柳」もほんの少し花を咲かしていました。桜はいつもならまだ小さく硬い花芽が結構大きくなっているではありませんか!今年の桜の開花はどのあたりになるのでしょうか?
さすが昨日まで3月の気候!

川筋には野鳥もあちこちにいます。
「メジロ」「シジュウカラ」「コサギ」「マガモ」と目を楽しませてくれます。
ただ、今年はどうゆうわけか「ユリカモメ」がいないのです。毎年、冬には矢田川やその周辺にはいるのにどうしたことでしょう。これも暖冬の影響ですかね…

↑「少女とキツネ」という題のついたブロンズ像と久里(どこ見てんだ!)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)