クサイチゴの季節

毎年、矢田川の河川敷の外側の土手にツヤツヤした小指の先ほどの木イチゴが実をつけます。
春には可憐な五弁の白い花を付けひっそりと咲いていますが、6月の半ばを過ぎ梅雨に入りますと真っ赤な悪戯な女の子の様な実が、雨の間に間に現れる太陽に輝いて食欲を掻き立てられます。

↑5月中旬の可憐な花たち

土手に生えているので果たして美味しいのかどうなのか?ワンコのおしっこがかかっていないブロック塀の上の木イチゴをとっては久里にあげます。久里は大喜びで食べますので多分美味しいのだろうと思いますが、今 一つ勇気の無い私です。
調べて見るとこの木イチゴは「クサイチゴ」という種類で日本各地に自生する結構一般的な木イチゴの仲間のようです。
受粉の成功率によって実の大きさが違うらしくて、本当に小さな実から親指ほどの大きさの実まであります。土手のクサイチゴは小指ほどの大きさなので中間程度の大きさでしょうか。
甘酸っぱくてジャムなどにすると美味しいとありましたので、オシッコのかかりそうもない所のを選んで摘んでこようと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)