くりりんテクテク日記

家庭菜園と愛犬との散歩と美味いもんの日常を記録

*

雨とオフコース

 

6月は雨の月です。何となくほお杖をついて、窓側の席から空や運動場の景色を眺める情景がこの歳になっても浮かんできます。
ぼんやり ゆっくりものを考えたり、本を読んだりとか梅雨の季節は来るべき夏への助走路のような役目をしてくれてます。
高校時代に始めて「オフコース」を友人から知りました。まだ、ブレーク前で知る人ぞ知るっていう感じで、LPレコード(古~っ!)を視聴覚準備室で仲間とこっそり聞いた思い出があります。
感受性豊かな15,6歳の少女にとってちょっと大人で、知的な香りがする小田さんと鈴木さん。
私は小田さんの方が繊細で好き!いやいや鈴木さんの方が男っぽいところがいい!など、今思えばどうでもいい事を真剣に自分の美意識の再確認のようにお二人のいいとこ探しをしていました。放課後の視聴覚準備室に集まりオフコースの詩の世界に浸っては同い年の男子がやけに子どもっぽく感じて年上の男性に憧れていたあの頃がとても懐かしく感じます。
最近 青春時代の事がやけに思い出されて(娘たちがちょうどその季節なので)妙な気持ちになったりします。特に高校時代の友人なんかに会ったりすると、今のことよりその時代の話に花が咲きます。年 とったんでしょうか?

 - ぼちぼち歳時記

Comment

  1. なまけひめ より:

    私はオフコースと同時代のチューリップの方が好きだったんですけど、オフコースも大好きです♪
    「眠れない夜と雨の日には、忘れかけてた愛がよみがえる」って歌もありましたよね。
    雨が降ると思い出します。^^

  2. superiocity より:

    私がオフコースを初めて知ったのは
    ”さよなら”だったでしょうか?
    小学生の頃に『3年B組金八先生』でも
    よく流れていた記憶があります。

  3. ペアダ19 より:

    こんばんは。驚きです!
    実はこのアルバム、オフコースの数ある
    アルバムの中でも一番好きなんですよ!
    鈴木さんの「憂き世に」とか今でも
    聴きますよ。

    私もLPを友人の兄上に借りました。
    ジャケットは防虫剤の匂いがしました。
    ツ~ン。

  4. さや風 より:

    なまけひめさん

    チューリップもいいですね。カラオケに行くとたまに歌います。「あ~ だから今夜だけは 君を抱いていたい~♪」

  5. さや風 より:

    superiocityさん

    その頃は コンサート行き始めですね。”さよなら”のヒット前と後ではファン層が変化していました。
    >私がオフコースを初めて知ったのは
    >”さよなら”だったでしょうか?

  6. さや風 より:

    ペアダ19さん

    まぁ、そうなんですか!やはり 鈴木さんは骨太ですよね。
    >アルバムの中でも一番好きなんですよ!
    >鈴木さんの「憂き世に」とか今でも
    >聴きますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

140102-01
2013から2014 バトンタッチ

帰省した娘と久里の散歩に出かけました。もうすぐ沈む2013年の夕陽を眺めながら、 …

080205-01
恵方巻き

一昨日の節分は最近流行の「恵方巻き」をほおばるのがさや風家の年中行事に仲間入りし …

070313-01
早く元気になりたい!

最近 冬に逆戻りしたように寒い毎日です。 日曜日に街中を出歩いたためか、花粉の為 …

080621-01
じゃがいも当たった~!

幸先のいい一日の始まりかもしれません。 懸賞やプレゼントに縁遠い私にとうとうやっ …

140605-01
虹!出た!

朝から降ったり止んだりで 小寒い一日でした。 時折 雲の切れ間から太陽が覗いたり …

no image
不惑の歳から…

何気に「不惑の歳」なんて言葉が思い浮かんで調べてみました。 不惑:論語から出た語 …

080610-02
ユリ園

今年も名古屋市の千種公園にあるユリ園は真盛りです。 オレンジや黄色のユリが目を楽 …

080323-01
痛い!出費

昨日 名古屋でソメイヨシノの開花宣言が報じられました。桜以外の花も咲き出し街は春 …

071019-01
河川敷に吹く風

今日は昼前後から雨が降るとの天気予報でした。 風邪っぴきの長女は朝からの実習で6 …

080203-07
恵方寺参り 笠寺観音

毎年 節分になるとさや風家では豆まきをします。結婚以来ずっと続いている恒例行事で …