自転車(その2)

うらうらとした天気の中、相方とのポタリングは続きます。
堀川沿いをどんどん南下していくと、熱田区です。白鳥の国際会議場や住宅展示場、茶室のある日本庭園の白鳥庭園といった立派な公園があります。
そこを通り抜けていくと、旧跡「七里の渡し」です。堀川と新堀川の合流点にある東海道の名跡です。江戸時代はここから伊勢湾の向うにある桑名までの船旅だったのです。現在の「七里の渡し」は町の中にあり江戸時代の名残は「時の鐘」と「常夜灯」と「道標」だけです。堀川をまだまだ南下します。
この辺りは老人保養施設や有料老人ホームが目立ちます。なぜでしょうか?
住友軽金属の大きな工場を右手にして「きらく橋」という案外気楽でもない勾配の大きな橋をペダルをこいで渡ります。しかし、下りは気楽です。爽快です。この辺りは回りは倉庫ばかりです。
公園の中を通り中川運河を越え当初の目的地であった「ベイシティ」というイオン系のショッピングセンターにたどり着きました。ベイシティでコーヒーとマフィンで栄養補給をして今度は自宅まで帰ります。
愛知万博時に開通した「あおなみ線」脇の下道は自転車道のようになっており、信号機もあまりなく心地よく走りました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)