くりりんテクテク日記

家庭菜園と愛犬との散歩と美味いもんの日常を記録

*

 

↑この景色見たことある!たしか遠い昔…

高校生の頃 現代国語(光村図書)に高村光太郎の「道程」という詩と東山魁夷の「道」の絵が巻頭にあった事を思い出しました。
この詩と絵はまだ見ぬ自分自身の未来と見守る親への気持ちを表していて、入学したてのキラキラした気持ちの15歳にとってチョッとした衝撃にも似たものがありました。

『道程』
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

30年以上前でも心に残っているものは残っているのです。
今思うと高校3年間は私にとって考え方や嗜好をも含めてかなり濃密だったように感じます。
よき友人、よき師、よき書に出会い今の私の核となっている様にも思います。

余談…
高1で最初の試験に芥川龍之介の「葱」が出題されました。私は「葱」が読めず散々な結果になったことは忘れません。タイトルから解らなかったのですから…

 - ぼちぼち歳時記

Comment

  1. A1さくら より:

    こんにちは。はじめまして。
    私も、この詩を思い出すことがあります。
    詩のはじめのところが好きです。

    そして、東山魁夷さんの絵はとっても大好きです。
    「道」の絵の中の道はその先がほんの少しカーブしているんですよね。
    それが「未来と希望」をあらわしているとか。
    大好きな絵の一つです。

    10代だから感動できたことっていうものもあるのかもしれませんが、年齢ではなく自分自身の感性があったから感動できたというものもあると思います。

    いくつになっても感動していたいし、心に残るものを大切にしたいですね。

  2. さや風 より:

    A1さくらさん
    >いくつになっても感動していたいし、心に残るものを大切にしたいですね。

    ご訪問ありがとうございます。
    本当に幾つになっても 感動する心は持っていたいものです。

  3. superiocity より:

    そう言えばアントニオ猪木も
    道”って詩を語ってたなぁ。。。(爆)

  4. さや風 より:

    superiocityさん
    >そう言えばアントニオ猪木も
    >道”って詩を語ってたなぁ。。。(爆)

    リングでですか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

130722-01
蜘蛛のハンモック

わが家の庭、家屋には色んな蜘蛛が巣を張り巡らしています。上記の写真は垣根の植込み …

130209-01
水仙

水仙は日本海側の断崖に張り付くように咲くイメージ(水上勉の越前竹人形の感じ)があ …

080224-01
うっすら雪景色

昨夜は名古屋でも雪がチラついていてとても寒い夜でした。 朝はチョッと期待して目覚 …

070801-01
自然を満喫!

先週の土日は長野県の天龍村に行って来ました。村にあります私立どんぐり向方学園中学 …

070522-01
山菜

↑コゴミ(ちょいピンボケ) 日曜日は山菜取りに出かけていました。 「コゴミ」とい …

070313-01
早く元気になりたい!

最近 冬に逆戻りしたように寒い毎日です。 日曜日に街中を出歩いたためか、花粉の為 …

no image
北京オリンピックTV観戦

このところ連日テレビに釘付けの私です。そうです、北京オリンピックを新聞テレビ欄を …

070625-01
クサイチゴの季節

毎年、矢田川の河川敷の外側の土手にツヤツヤした小指の先ほどの木イチゴが実をつけま …

070715-01
雨上がりに思う

台号4号は寝ている間に通り過ぎて行ったようです。 大型台風ということで夕方から雨 …

130923-01
カマキリ

あんなに暑い暑いと言っていた夏は何処かに行ってしまいました。 今年二回目のカマキ …