テレビゲームにハマる!

最近 ちょっこしはまっているのが、wiiのマリオカートです。
wiiはこの春、携帯電話のナンバーポータビリティで粗品?として某携帯販売会社からもらった物です。
長年 テレビ接続タイプのゲームには縁がなかったさや風家にとうとうTVゲームがやってきました。

先ずはリゾートスポーツを購入。
今まで見向きもしなかった私、結構はまってしまいました。
特にゴルフはリアルでもやったことが無いのに面白くなって、ゴルフのテレビ中継を見るようにまでなってしまいました。
これはこれでゴルフファンの裾野を広げたというのでしょうね。
ただ…ゲームをやった次の日、妙に肩が重くて今までにない肩こりが…やりすぎですね。

マリオカートは肩こりは無いようですが、何ゲームもやってしまうと脳がヒートアップしてしてしまい夢に出てきてしまいます。

先日 Nスペシャルでデジタルゲーム業界のことをやっていました。
発表まえのゲームが面白いかどうかをお試しする会社も海外にはあるようです。
世界各国のゲームマニア達を集めて一日中ゲームのテスターとして雇っているようです。
しかし、いくらゲーム好きといっても仕事で日がな一日やることは肉体的にはかなりハードなようです。
中には出勤してゲーム、帰宅してもゲームといった青年もいましたが…
テレビに映し出されているゲームをしている人々の極度の集中した目はちょっと異常かと思われる程の状態でした。瞬きが少なく瞳が一点を凝視した状態になっていて無表情です。
私自身もそんな状態になっているかと思うと恐ろしくなってしまいました。

脳がヒートアップして静かな落ち着いた状態が無いと身体も休まらなくなってしまうと思います。
視覚情報が脳を支配してしまうと無睡眠と同じになってしまうのでしょうか?
私などはマリオカートの様な比較的単純なゲームでさえこんな状態になってしまうのです。

Nスペで紹介していたリアル表現の殺戮ゲームなんかは脳が破綻してしまうのでないでしょうか?
番組の中ではコントローラーを使わない新しいタイプのゲームもあるようです。
これなどはゲームと現実世界との境界線が無くなってしまったように感じ、もしかしたらアイデンティティを失いかねない恐ろしさを感じました。

楽しみのゲームはやはり程々に…ですね。

コメント

  1. superiocity より:

    私は、携帯のモバゲーに嵌ってます((#^.^#)
    といっても無料でしか遊びませんがね。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)